2010年04月20日

減税こそ政治の役割、河村名古屋市長が強調(読売新聞)

 名古屋市の河村たかし市長は14日、日本記者クラブ(東京都千代田区)で記者会見し、「減税こそが政治の役割で、日本社会を変える第一歩だ」と、今年度に行う市民税減税の意義を強調した。

 鳩山首相と小沢幹事長の「政治とカネ」を巡る問題などが影を落とす古巣の民主党に対しては、「消費税を1%下げたり、鳩山首相が給料を下げたりすれば、国民の支持率も上がるだろう」と指摘した。

 会見は、地域分権に関して現場の声を聞こうと同クラブが主催した。

 河村市長は、議会側が市民税の減税を1年限りに修正したことなどについて、「議員が反対するのは、税金の分配権を手放したくないからだ。議員報酬を半減することで、議員の『家業化』からボランティア化に変えたい」と熱弁を振るった。

<中国毒ギョーザ>中国側捜査員月内にも来日(毎日新聞)
普天間基地移設先には触れず 鳩山首相、理解が得られたと手応え強調(産経新聞)
「教習所行ったが…」20年無免許運転の男逮捕(読売新聞)
雪の壁にびっくり、立山黒部アルペンルート開通(読売新聞)
関係者ら3人不明=倉庫遺体遺棄−長野県警(時事通信)
posted by THE MONKEY at 17:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。