2010年04月16日

懐かしの学舎の模型見つかる 朝来市の廃校から(産経新聞)

 兵庫県朝来市生野町黒川の「日本ハンザキ研究所」が、同町内で昨春、廃校した奥銀谷小学校から、黒川小・中学校の手作り模型を見つけ、持ち帰った。研究所の施設は旧黒川小・中学校舎。模型の18年ぶりの里帰りに、地元住民は「模型は地区の歴史を知る貴重な資料」と喜んでいる。

 模型は縦、横各約1.5メートル。古い卓球台をベースにしたガラスケース内に、発泡スチロールで作った当時の木造平屋建ての小、中学校舎、体育館をコの字形に配置している。

 制作時期は不明だが、黒川中が昭和60年3月に閉校し、黒川小に併合。このとき、校舎は木造から鉄筋2階建てになり、中学校舎はプールに建て替えられたことから、昭和60年以前の制作とみられる。

 模型は黒川小が平成4年3月に閉校後、学校の備品などと一緒に町内の学校に引き取られた後、所在不明のままだった。

 廃校になった奥銀谷小から昨年末、同研究所が使える品を引き取りに行ったとき、黒川中の卒業生でスタッフの竹村真澄さん(45)が、木工教室で偶然、放置状態の模型を見つけた。栃本武良所長が「それは黒川の大切な思い出だから」と、模型を軽トラに積み込み、研究所まで持ち帰った。

 竹村さんは「引き取りに行かず、研究所が黒川小・中校舎を使っていなければ、模型はただのごみとして処分されていたでしょう」と話している。

【関連記事 ふるさと便り】
あでやか花のアーチ 岡山・たけべの森で「桜まつり」
廃校を有効利用した小学校で入学式 中学校を小学生向けに改修
広島・宮島で「こども神楽祭り」
“幻の魚”リュウグウノツカイに驚き 萩博物館で公開
菅野美穂さんが松山でトークショー 「坂の上の雲」への思い語る
外国人地方参政権問題に一石

日本医師会あての鉢植え発火 職員のライター、フィルム引火か(産経新聞)
西部ガス狙う?福岡の雑居ビルに銃弾跡(読売新聞)
「侵害明白な場合のみ賠償責任」=発信者情報開示拒否で初判断−最高裁(時事通信)
<東寺>「不開門」を開扉 400年ぶりの修理を機に 京都(毎日新聞)
国会議員と患者関係者でがん対策勉強会(医療介護CBニュース)
posted by THE MONKEY at 10:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。